« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

楽しむことが人生と世界を変える

楽しむことが人生と世界を変える
楽しむことが人生と世界を変える

 
ブログを読んでくださっているみなさま・・・
 
メリークリスマス 
 
X'mas 楽しんでますか?
 
私は、笑顔 笑顔 笑顔
 
シークレットサンタに参加しました。
 
「シークレットサンタ」というお話をご存知ですか?
かつてアメリカで実際にあった実際のお話です。
 
ラリー・スチュワートという男性が、かつての自分自身の体験が元となり、
クリスマスに、貧しい人たちに対するプレゼントとして、お金を手渡して回った。
そして、それを続ければ続けるほど、ラリーは豊かになっていった。
 
・・・超簡単に解説するとそのようなお話で、
今もっているものを多くの人に分かち合うことの大切さ
を教えてくれるお話です。
 
詳しいお話はコチラから ⇒ 『シークレットサンタ物語』
 
▼自分が楽しんで、楽しいエネルギーをお裾分けするシークレットサンタ!
 
そんなラリーの物語に感動し、2007年から仲間たちを集め、
日本版のシークレットサンタイベントを開催しました。
 
今年から、沖縄でも開催。
お菓子を買い、自分たちでラッピングしプレゼントを作ります。
 
そのプレゼントサンタやトカイの格好で街に出て、道行く子どもたちにプレゼントするイベントです。
 
 
◆目的&コンセプト
 
「いいことをしましょう!」
「社会に貢献しましょう!」
 
なんていうのがこのイベントの目的ではありません。
 
 
このイベントでは、「とにかく楽しい一日を過ごす」ということがモットーです。
 
結果的に、
 
楽しむエネルギーが波動となって伝わり、世の中が少しでも明るくなるからです!
 
ほら、めっちゃ楽しそうでしょ
 
サンタのじゅんえいさんと
サンタガールのかっちゃんと、出発です。(*^_^*)
 
 
 
 
 
 
 
サンタさんを見て泣き出す子。
 
サンタさぁ〜ん。と駆けよる子
 
はじめは、怪訝そうにしてた親が・・・
その意味がわかると、良かったね〜と、
子どもより嬉しそうな笑顔を見せてくれたり
 
いつまでも、サンタさぁ〜んと、手を振ってくれたりする子がいたり
 
私・・・
ずっと笑顔でした。(*^_^*)
 
与えるエネルギーより
受け取るエネルギーが
大きいなぁ。と感じた時間
 
笑顔筋トレーニングなど、しなくったって
素敵な笑顔は、創れるかな。(@_@;)。
 
娘が幼いころ、X'masの朝
「かぁさん、サンタさんがきた〜\(^O^)/」
 
キラキラと瞳を輝かせ、もらったプレゼントを、誇らしげに見せてくれた笑顔
 
それだけで、ものすごく幸せになったあの気持ち。
 
ただ、ただ楽しかった。
 
来年もやります。
 
その時は、ご案内しますね
 
笑顔筋トレーニングより効果大。(*^_^*)
 
私がいうのもなんだけどね。(>_<)
 
素敵な笑顔の発信源
伊波がお伝えしました。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔の素敵な☆私になりたいなぁ。

笑顔の素敵な☆私になりたいなぁ。

 
《今のあなたの顔、すきですか?
自分の好きな顔になったほうが、
社会貢献になるわよ。》
 
自分を好きになると、笑顔になる。
 
自分は見えない、でも人は見える。
 
笑顔は、社会を明るくします。
 
美しい一日を☆
Beauty life producer
吉丸美枝子
 
 
 
こんにちは。(*^_^*)
 
あなたは、ご自分のお顔が、好きですか・・・
 
私は、全然。(><)。
 
デモね(*^_^*)
 
『本音、本気、信頼』で向き合う(*^_^*)
 
その選択をしたら、自分が好きになりました。
 
本気、本音、自分自身を信頼することを選択
 
美しくなりたいのに、どうせ私は・・・
なんて、本音を押し殺していませんか?
 
その本音に本気で向き合いましょう。
 
あとは、自分を信頼して
レッツゴーよ(*^_^*)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しい歩き方☆美しい姿勢

美しい歩き方☆美しい姿勢

 
《歩き方、姿勢に人生が出ている》
 
だからスタイルをいいかげんに、おろそかにしない。
 
ボディラインが変わると、自分の命が喜ぶ。
 
本来の命の扉が開いて、人生が開花する。
 
美容は、自分を愛すること。
 
自分の命を愛することは、すべての命を愛することにつながる。
 
全ての人が、何億分の一の競争を勝ち抜いて、生まれてきた優秀な遺伝子を持つ人なのです。
 
自分の命に感謝して、命を燃やし、生涯充実した人生を生きましょう。
 
美しい一日を☆
Beauty life producer
吉丸美枝子
 
 
 
 
ブログを読んでくださっているあなたへ
 
こんにちは(*^_^*)
 
今から8年前に美枝子先生と出会いました。
 
それから
『美しく生きる』
とか
『命に感謝する』
ということを考えるようになりました。
 
決して楽しいことばかりの
平坦な道ではありませんでした。(笑)
 
それでも
「トラブルや問題が人を成長させる!」
 
それに、尻込みしながらも、傍らに先生がいる。
 
そう思って挑戦してきました。
 
先生と出会った頃の私より
少しは、ましになったかなぁ。と思います。
 
 
これからの未来は
 
『人生は、バラ色でもいい』
 
『苛酷な人生を選択しなくてもいい』
 
どちらでもいい。(*^_^*)
 
どちらも選ぶと
 
私もあなたも
 
もっと幸せになれるでしょうね。
 
自分の人生に、バラ色でもいいと許可しましょう。
 
 
自分を愛するということは
自分を認める。
ということです。
 
簡単なようで、なかなか難しい。(ノд<。)。
 
自分を愛する道具として
ヴェーネレ美容法があります。
 
美しい歩き方☆美しい姿勢
手にいれたいあなた・・・
 
お待ちしています。(*^_^*)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球新報掲載☆ご報告

琉球新報掲載☆ご報告

 
琉球新報に掲載された記事をご紹介します。
 
 
 
ミラクルチェンジ
美女コンテストを開催
ヴェーネレ沖縄など開催
 
 
  ビューティーライフプロデューサーの吉丸美枝子さんが確立した
 
「ヴェーネレ美容法」を実践する会員による全国大会
 
「ミラクルチェンジ☆美女コンテストin沖縄『本選』」
(ヴェーネレ沖縄など合同主催)
が11月22日、那覇市ののロワジールホテル&スパタワー那覇で開催された。
 
全国から約150人の会員が訪れ25人が本選に挑んだ。
 
会員らは交流を通して心身ともに美しくなる喜びを分かち合った。
 
  県内からは会場賞に  上原初枝さん(66歳)、
渡邊日出子賞に大嶺和子さん(52歳)、
井上真実賞に渕辺愛さん(35歳)選ばれた。
 
美しくなろうと思ったきっかけや取り組みが審査、評価された。
 
ゲストとして、モデルの山田美加子さんも訪れた。
 
  講演で吉丸さんは、
「『自分なんて』と自己否定しないで欲しい。 
 
命に感謝して精いっぱい生きる、
 
ただきれいな顔わスタイルになろうというのではなく
 
美しい生き方をすることを心掛けてほしい」
と語りかけた。
(掲載記事全文)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美女コンテスト☆レポート

美女コンテスト☆レポート

 
ブログを読んでくださっている
大好きなあなたへ
こんにちは。(*^_^*)
 
カレンダーも、残り1枚となり
年末の風物詩  那覇マラソンを明日に控え
いかがお過ごしでしょうか・・・
 
マラソンは自分との戦い。
そして自分磨きの目的も、自分と向き合う、自分との戦いだと思うのです。
 
先日行われた
ミラクルチェンジ美女コンテストは、雅なイベントとなりましたよ。
 
 
全国から予選を勝ち抜いてきた25名のエントリー者が
沖縄で美しくウォーキング
 
会場は、レオタード姿のエントリー者が登場するたびに
音楽に合わせて軽快に手拍子
 
それに応えるようにエントリー者もランウェイを
素敵な笑顔と美のオーラで美しくウォーキング。
 
各賞の発表を待つ間は・・・
昨年グランプリを受賞した若杉さんのスピーチや
沖縄ならではの迫力ある余興で会場は大いに盛り上がりました。
 
 
☆会場賞は・・・
会場からの1票の投票で決まるグランプリのような賞
 
それが沖縄からエントリーした上原初枝さん 66歳
 
40代に間違われることもあるという驚異の66歳。
 
票を一番多く集めたのも納得の若さと美しさは
会場のどよめきにも表れていました。
 
☆吉丸美枝子賞は
 
 
名古屋からのエントリー河合弘子さん(59歳)
入会わずか2ヶ月なので、エントリーするといったときは
どんなものかと思いましたが、本当に短期間ですごく変わったことと
前向きなコメントが受賞に繋がりました。
 
 
そして今回注目の
☆審査員特別・山田美加子賞は・・・
 
 
宮崎からエントリー 林  みかさん(49歳)
 
娘さんと一緒にチェンジコンテストに出場されて
私と同じく、娘がライバルというところに親近感が持てました。
−40㎏の減量成功もすごい感動されていました。
 
 
コンテスト会場では
「あなたに会えて良かった!!」
 
そんな声があふれ、まさに全国会員交流会。
 
「愛」に包まれて 生かされている幸せを感謝し
 
誰もが愛されている幸せを感じられたコンテストだったと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »